FC2ブログ
スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.10.15(Mon)
この間、問題のあるAサンと夜勤が一緒と言う悲惨な夜を過ごした

勤務前から、嫌だ~~~!!と内心暴れまくりだった私

しかも、同じサイドだったから、余計に嫌だ~

私の病棟は、2つに別れていて、勤務表で、例え一緒の日になっても、同じ側になるか分からない

だから、今までも、同じ日になった事はあるけど、逃れていたのだ


そんな日に限ってAさんと、同じ側になるなんて、最悪~

Aさん、ぎりぎりに来たから、今日は来ないのかな?なんて思っちゃったけど、来たからがっくり

まー、しょうがないよね

勤務時間が過ぎて少したってから、NAにCRPをS/P CABGの患者さんにしてもらうようにお願いした。それで、他の人を見てたら、NAにCPを訴えてると呼ばれる

まーじーでー

って感じで、病室に向かう

VS取って、EKGを取るように、NAにお願いしたり、ガチャガチャしてたら、何だか、部屋の入り口から、視線を感じる

誰だろう?と思ったら、夜のマネージャーだった

何で、分かったんだろー?と思いながら、マネージャーの質問に答えながら、する事をしていた

事が済んだ時に、BさんがCPの患者さんは、大丈夫?ときいてきた。状況と、結果の報告。

その後、何と、小さな声で、「何かあったら、言ってね、手伝うから」と言われた。何だか、見守っててくれてるというか、温かいというか、凄く嬉しかった。その時、彼女が、マネージャーを呼んでくれたんだと、なんとなく悟った

それもそのはず、Aさんは、本日チャージナース

こういうときは、チャージナースが助けてあげるのが普通なのだ

でも、Bさんは、きっと、私とAさんに確執があるのを知っているのかなって思った。その後、マネージャーに、Bさんが、私とAさんについて知ってるみたいですね。と言ったら、マネージャーは笑ってた

やっぱりそうかな~

それでも、Bさんが私を思ってくれたことには、本当にありがたいなって思った。ありがとうBさん
スポンサーサイト

コメント

この記事へのコメント一覧

コメントを残す

URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
送信:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。