スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


NAとの駆け引き
2007.12.07(Fri)
日本で、NAにやってもらったり、お願いしたりすることって、限界がある

分業で、基本的には、手の開いている人がやるってのもあるし、頼めるものと、頼めないものが存在したり、NAが忙しいと、頼んでも後回しにされたりする

今どうしても、やって欲しい時があっても、状況や、人によって無理な時もあるし、やってもらえなかったりする

中には、さっき計ったばかりなのに・・・と言う人も出てくる
NAは、こっちが何を考えて何をしているか知らないから、何だろうけど、いちいち言わないといけない時もある。だって、動かないから

昨日、勤務が始まって、すぐに、立て続けに、入院と、転棟が同じ時間帯に、5個もあって、私たちのチームはてんてこ舞い。NAは2人いたけど、それでも、他のと重なって、大忙し

チャージは切れ出すし、皆で怒り奮闘

私は、23時間観察の患者さんに当たって、ラッキーだったけど、同時期にCPを訴えてくる人とかもいて、最悪~の始まりだった

CABG後の患者さんを歩かせないといけない人がいて、NAに頼んでいたけど、10時になっても出来ない状況。そのくせ、彼女優先順位が出来ないみたいで他の事をやってるし

いい加減にして~~~~~~

そんなの、後回しにしてよって感じ

このNAとは、あんまり当たる事はないんだけ、久しぶりに当たって最悪~

患者さんは、待つよと言ってくれたけど、10時以降で、あの調子だと11時までやら無そうだったから、自分ですることにした

お局NAだから、いい加減で困る・・・

そうでない人もいるんだけどね

私だって、他にもやる事はてんこ盛りだったし、それはあくまで書類上のことだから、患者さんを優先しただけ

マネージャーに、夜勤のNAは自分たちも手伝わないと、仕事をしてくれないと言われていたけど、まさにそんな感じ

最悪~
スポンサーサイト

コメント

この記事へのコメント一覧

コメントを残す

URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
送信:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。